愛知県名古屋市の歯科医・長谷川亨歯科クリニック
受診予約・お問い合わせ 052-262-8148
診療時間

マグネット義歯の症例

磁性アタッチメント義歯(入れ歯)をためしてみませんか?

磁性アタッチメントとは、歯に取り付けた磁石で義歯を固定する技術です
今の義歯がしっくりこない方、歯を抜いて新しく義歯をお作りになる方におすすめします。

磁性アタッチメント関連の新聞記事はこちら

磁性アタッチメント義歯は

・入れ歯だと他の人にはわかりません。

部分入れ歯に必要な金属のバネが必要ないので、見た目がとても自然です。

・浮き上がりがありません。
強い磁石の力で義歯と歯をくっつけるので、ぴったりフィットします。おしゃべりもしやすいです。

・装着した感じが自然です。
磁石で固定されるので、義歯の面積(大きさ)を小さくできます。それによって、異物感を少なくできます。

・強い力でかむことができます。
かむときの力を、粘膜だけでなく、磁石を取り付けた歯でも負担するのでより強いかむ力にも対応することができます。

部分入れ歯の実例

下の部分入れ歯(保険義歯と磁性アタッチメント義歯)

  • 従来の義歯
    義歯に引っかける金属のバネがあります。

  • 磁性アタッチメント義歯
    どれが、ご自分の歯でどれが義歯かわかりますか?

  • 義歯をはずした所です。
    4本の歯に磁石が取り付けられています。

  • はずした義歯を鏡の上においた所です。
    裏に磁石が4つ取り付けられています。

上の入れ歯の例

  • 従来の入れ歯

  • 磁性アタッチメント義歯

  • ご自分の歯と義歯の歯との境界がわからないように工夫されています
    1カ所に磁性アタッチメントが装着されています

  • はずした義歯本体。
    バネが無く、面積も小さくなっています。