愛知県名古屋市の歯科医・長谷川亨歯科クリニック
受診予約・お問い合わせ 052-262-8148
診療時間

インプラントの症例

インプラントの例をご紹介いたします

インプラント治療の進め方 1 奥歯2本のインプラント



インプラント挿入直後


人工歯装着

2本分の人工歯根を挿入。ご自身の歯のようにお使いになれます。

インプラント治療の進め方 2 審美インプラント

使用インプラント Nober Direct (Nober Biocare社 提供症例)

  • 欠損歯があります

    歯が一本ありません。通常なら両隣の歯を削ってブリッジにする症例です。
  • インプラント挿入時

    歯のないところにインプラントを埋めました。埋めたその日に仮の歯をつけます。
  • 人工歯を作ります

    歯肉が治ってから最終的な冠(セラミックス冠)をつけます歯肉は自然です。

インプラントの実例3 ~ 即時負荷インプラント

使用インプラント Taperd Screw-Vent MP-1(ZIMMER社)  
ブローネマルクシステムMKⅢ (Nobel Biocare社)
即時負荷とは  インプラントを埋めたその日から噛むことができる画期的な技術です

下あごの入れ歯は、上あごに比べ作るのが難しく、うまくあわない場合が多くあります。
そのような方に、朗報です。
インプラントと人工歯により、インプラントを埋めたその日から固定式の歯で噛めるようになります。

ご注意: 即時負荷は骨の状態や健康状態により行えない場合があり,術前に入念な診査と準備が必要です。
通例では 
・ 歯科用CT検査
・ 義歯準備のための型取り
・ しっかりとしたかみ合わせを得るための上顎の治療
などを行い、準備が整った上で治療を行います。

下の顎にインプラントを4~5本埋め込みます
埋め込んだその日に、事前に用意しておいた、仮の人工歯を装着(ねじ止め)します。
その日から、固定された人工の歯でお食事をしていただけます。

仮の人工の歯は、通常 2~3ヶ月後に、最終的な人工の歯に交換します。

インプラントの実例 4 失った歯が1本の場合

かみ合わせの力の強い男性の患者様です。

金冠のかぶせてある歯の根が折れ、抜歯をしなくてはならなくなり、インプラントの相談にお見えになりました。

通常ですと、両どなりの歯を削り、ブリッジにするケースですが、この金冠以外の歯はきわめて健康で、削るのが はばかられるました。
欠損は一本でしたが、かみ合わせの強い方でしたので、インプラントは2本 埋入しました。

ヘビースモーカーでしたので、心配でしたが(手術直後は禁煙をお願いしました)、経過は良好です。

インプラントを2本埋入後

人工歯を装着しました

2本分の人工歯根を挿入。ご自身の歯のようにお使いになれます

インプラントの実例 5   失った歯が2本の場合

手術後

右の奥歯2本を失った所にインプラントを埋入しました。1次手術から3ヶ月経過したところです。歯肉の状態も良好です。

人工歯装着(側面)

インプラントにセラミックスの歯をかぶせた所です。見た感じ、噛み心地ともに、ご自身の歯と区別がつかないほどです

人工歯装着(上から)

通常なら両隣の歯を削ってブリッジにする症例ですが、健康な歯ですので削らずに治療をご希望でした。

インプラントの実例 6      手術と同時に人工歯を作成 

インプラント手術後(2週間目)
義歯をはずした状態です
手術の日から、このような仮の固定義歯を使用します
その日からお食事をすることができます
治療後(インプラント手術後)6ヶ月の状態です
仮義歯から最終義歯に作り替えてあります
上は取り外しの義歯です上下とも安定し、お食事は何でも召し上がれるとのことです

インプラントの実例  7   前歯のインプラント治療

前歯のインプラント治療は、「見た目」をキレイに仕上げることが、重要なポイントです。骨や歯肉を盛り上げたり、ピンクのセラミックスを使用し、自然な感じに仕上げます。

(左) レントゲン写真 :
3本のインプラントが埋め込んであります