愛知県名古屋市の歯科医・長谷川亨歯科クリニック
受診予約・お問い合わせ 052-262-8148
診療時間

正しい歯の磨き方

歯の磨き方について

step1 どんな歯ブラシがいいの?

特殊な形のものではなく、シンプルなタイプがよいでしょう

① ヘッド(毛のついた部分)がコンパクトであること
② 柄はストレート(まっすぐ) 
③ 毛の堅さは柔らかすぎない

といった点がポイントです


当歯科医院ではPDR社のHANON(110円消費税込み)をオススメしています。ご希望の方は診療所にお寄りいただくか、ご希望いただければ郵送いたします

HANONは細い毛と太い毛の2重植毛になっていて、ポケット内のプラークも効果的に清掃できます

さらに磨きたい方はこちらをどうぞ

step2 あて方のコツは?

45度の角度で、歯と歯肉の隙間に歯ブラシの軽く押し込むように当てます
それぞれの当てた場所で10回から20回、軽く振動させます
当て終わったらその隣の場所に移動します

step3 みがく順番は?

ミガキ残しの無いように、ミガキ順を決めておくと良いでしょう

左の図では、右利きの人は、みがきにくい右下内側から左下内側へ、下の内側が終わったら上の内側へ

下と上の内側が終わったら、右上の外側・・・という順番です

磨いていない場所がないようお気をつけください 
(左利きの方は、左下内側からすすめると良いでしょう)


step4 どんな場所を気をつけてみがけばいいの?

  • 上の前歯の裏側・・・歯と歯ぐきの境め
  • 上の奥歯の裏側・・・歯のつけね
  • 上の奥歯の外側・・・・見えない所 
  • 下の奥歯の一番奥・・・見えない所
  • 下の奥歯の内側と外側・・・歯のつけね
  • 下の前歯の内側歯と歯ぐきの境め

よく磨けたところは、舌でさわると、ツルツルしています
鏡を見てチェックされると良いでしょう


step5 歯磨きの時間は?

ステップ2のとおり、きちんと行うと慣れない人なら5分から10分
なれた人でも最低3分から4分必要です(実際に丁寧に行うと5分はかかります)

洗面所で鏡を見ながら毎日行うと長続きしません

お風呂に入りながら、テレビや新聞を見ながら、いわゆる「ながらミガキ」をおすすめします

step6 電動歯ブラシを使いたいのだけれど・・・

従来の手磨きで十分清掃することができますが、次のような方は、電動歯ブラシをお使いになっても良いと思います

上記のステップ2~5をきちんと行うことができる方・・・・・電動歯ブラシをお使いになることのよって、歯磨き時間を短縮させることができます(2から3分に)

電動歯ブラシの短所:正確に当てることができなかったり、長時間当てすぎたりすると、歯の表面や、歯肉を痛めるおそれがあります


step7 歯間ブラシとデンタルフロス

この世の中に、「歯ミガキの達人」という人ががもしいたとしたら、何%位歯ブラシで歯のお掃除ができると思われますか?

一般にはどんなにうまくできても80~85%くらいしか、汚れは取れきれない、といわれています

歯ブラシだけではすべてミガキ残し無くお掃除することは不可能なのです
ですから補助的な歯の清掃道具が必要です

歯の隙間が狭い方はデンタルフロスをお使いになると良いでしょう


歯間ブラシが一般的です

step8 もっと、キレイにしたい方は

歯肉と歯のすきま(ポケット)の奥までみがきたい

かぶせもの(冠)と歯のすきまが気になる

矯正治療中で磨き残しが気になる

補助器具を使わず、歯の間をキレにしたい

そんなキレイ好きのあなたは、ペンフィットをおすすめします

step9 それでもミガキ残しはあります

ミガキ残しは24時間365日お口のなかに残り続けます

通常は半年に1回で十分です

普段からのお手入れ&定期検診
によってあなたのお口の健康は守られるのです


いつもキレイな歯でいるために