名古屋市 中区 栄 長谷川亨歯科クリニック
受診予約・お問い合わせ 052-262-8148
診療時間

ホワイトニング

長谷川亨歯科クリニックのホワイトニング

ご注意) 2022年(令和4年)5月より 新しシステムに移行いたします

ホワイトニングは、あなたの歯の色そのものを
より白くする技術です

白い歯は ・都会的・清潔・健康的・美しい など、
とても強い印象を人に与えます
白い歯であなたの第1印象を変えてみませんか

ホワイトニング剤 ホワイトニングプロ
【医療機器承認番号 23000BZX00368000
ホワイトニング照射器 WE Light クラスⅡ
【医療機器認証番号 228ADBZX00020000

新しいホワイトニング剤
ホワイトニング プロ(Whitening  Pro)   が新たにラインナップ!

次のメニューからお選びください

限界まで白くする クリニックで行う ご家庭で行う
ホワイトニング・パーフェクトコース オフィス ホワイトニング ホーム ホワイトニング
66,000円 16,500円 33,000円
オフィスホワイトニング3回と2回ホームホワイトニングにより、個々の歯を限界まで白くするとともに、その状態を長期間維持することができます。 強力な漂白効果のあるWhitening  Proを使用し、
1日で歯を白くする
メニューです
25年以上 当クリニックで提供し続けている定番のホワイトニングです。
白さが長期間維持されます。

 

(追加メニュー) ポリリンホワイトニング   16,500円(1クール)
通常のホワイトニングとは異なった作用機序で、歯を艶(つや)やかに、明るく見せます
※ ホームもしくはオフィスホワイトニングを終了された方のみお受けいただけます。

 

私たちの目指すホワイトニングとは

1  強い効果(強い漂白効果と持続性)
数あるホワイトニング剤の中から、最も効果のあるホワイトニング剤を使用します。

2  高い安全性

カウンセリングから施術、評価、メインテナンスに至るまで、口腔ケアーの専門家である歯科衛生士が担当し、進めさせていただいております

また、特殊な症例には、ホワイトニング・コーディネーターの資格を取得した歯科衛生士が対応し安全に、効果的なホワイトニングを進めさせていただいております。

解説

歯のホワイトニングについては、たくさんの情報があふれています
費用もさまざまで、10万円以上するものから、500円程度で行えるものもあります。
ホワイトニングを受ける施設も、歯科診療所をはじめ、時としてエステサロンや美容室、また、ホワイトニングの薬や器材を購入し自分で行う方法(セルフホワイトニング)もあります。

ホワイトニング方法は、たくさんあると思われがちですが、実質的に歯の漂白に使われる薬は1種類、つまり過酸化水素だけです。

たとえば、当院でもっとも長期的に提供されている ホームホワイトニングでは、過酸化尿素を主成分としています。
過酸化尿素は酸化反応の課程で、過酸化水素に変化し、歯の表面にじっくり時間をかけて作用します。
診療所で行う、オフィスホワイトニングは過酸化水素を直接歯の表面に作用させますが、炭酸水素塩が配合された最新の薬剤に紫外線を照射し、効果的に歯を白くさせます。

過酸化水素以外のホワイトニング剤は、歯の表面の汚れを落とす、いわゆる「クリーニング剤」が主成分とされている場合が多いでです。クリーニング剤や研磨剤は、歯の表面の汚れをキレイにする用途で使用されるもので、過酸化水素を使ったような、漂白効果は期待できません(汚れやシミを取りキレイにする効果はあります)。

当院でもおこなっている、ポリリンプラチナホワイトニングに使用される薬剤、ポリリン酸ナトリウムも基本的には、「クリーニング剤」の一種といえますが、この薬剤は歯の表面に効果的に作用することにより歯の表面が艷やかに潤って見えるため、漂白された歯の色の白さをより際立たせます。過酸化水素(ホワイトニング)の補助的な作用が期待できます。

ホワイトニングについてさらにお知りになりたい方は ホワイトニングQ&A をご覧下さい。

ホワイトニング 関連リンク

長谷川亨歯科クリニックのホワイトニング
ホワイトニング パーフェクトコース
ホーム ホワイトニング
オフィス ホワイトニング
ポリリン ホワイトニング
ホワイトニング Q&A

この記事の筆者

長谷川 亨(はせがわ とおる)  歯科医師  博士(歯学) 
1959年 愛知県名古屋市生まれ。 愛知学院大歯学部歯学科卒業。
スカイル福与歯科等研修をへて1988年長谷川亨歯科クリニック開院
現在 同クリニック院長 (有)長谷川ビル 代表取締役
論文
・歯周炎患者歯肉の電子顕微鏡的研究 ―固有層の炎症層の特徴について― 愛院学院大学歯学会誌
・実験的歯の移動に伴う歯槽骨骨改造活性の動的把握の試み ―鉛生体染色法を用いて― 松本歯学
・ヒト歯肉組織の肥満細胞 免疫組織科学的研究 松本歯学 他