名古屋市 中区 栄 長谷川亨歯科クリニック
受診予約・お問い合わせ 052-262-8148
診療時間

弾性樹脂義歯 (フレキシブル義歯)

柔軟性のある特殊な樹脂(レジン)を使用した義歯です。

通常のレジン義歯とちがい、失った歯と歯の隙間に、しっかりとはめ込むため、従来の金属のバネが不要です。
大きさを小さくできること、 見た目を自然に仕上げることができるのが特徴です。

症例 1

治療前

治療中

治療後

弾性樹脂義歯をつけたところ。
(よく見ないと どれが義歯かわかりませんね)

はずした義歯は、こんな形をしています

症例 2

治療前

下の奥歯がありません

治療後

歯を触らずに、義歯のみ作成しました

症例 3

治療前

奥の歯が2本ありません

治療後

2本分の弾性義歯を作りました
見映えも良く、装着感も良好です

症例 4

治療前

前歯が痛んでいます
奥歯が噛めません

弾性樹脂義歯の長所と短所

長所

  • 1 金属のバネ(クラスプ)を使用しないので、義歯をはめていると 他人にはわからない
  • 2 ブリッジ、インプラントのように、周りの歯を削ったり、手術が不要
  • 3 型を取って、装着するだけ。最短2回のスピード治療

短所

  • 1 取りはずし式の義歯なので、通常の義歯同様 掃除等お手入れが煩雑
  • 2 強く噛むことはできない(その歯だけで固いモノは噛みにくい)
  • 3 素材の限界があり、耐久性は十分とはいえません。1から3年で修理や再作成が必要な場合があります

 

この記事の筆者

長谷川 亨(はせがわ とおる)  歯科医師  博士(歯学) 
1959年 愛知県名古屋市生まれ。 愛知学院大歯学部歯学科卒業。
スカイル福与歯科等研修をへて1988年長谷川亨歯科クリニック開院
現在 同クリニック院長 (有)長谷川ビル 代表取締役
論文
・歯周炎患者歯肉の電子顕微鏡的研究 ―固有層の炎症層の特徴について― 愛院学院大学歯学会誌
・実験的歯の移動に伴う歯槽骨骨改造活性の動的把握の試み ―鉛生体染色法を用いて― 松本歯学
・ヒト歯肉組織の肥満細胞 免疫組織科学的研究 松本歯学 他